Smart gadget

スマートホームとは その2

「スマートホームを広める」と言っておきながら

わが家のスーマートホーム事情は最先端というわけではありません。

「住む人にとって」のスマートホームですから過剰なものは導入していません。

 

〜わが家のスマートホーム〜

・Google home

使用場所:LDK

 

・Google home mini

使用場所:脱衣所

 

・Panasonic advance リンクシリーズ

使用場所:キッチン、廊下、リビング

 

・PHILIPS hue

使用場所:玄関(ホワイトグラデーション・モーションセンサー)

 

間接照明3つ(ホワイトグラデーション)

 

寝室(ホワイトグラデーション・ライトリボン)

 

お風呂(ホワイト&カラー)

 

・Panasonic VIERA TH55GX850

使用場所:リビング

 

・Panasonic Eolia WX809

使用場所:LDK(寝る時はサーキュレーターで寝室に風を送っている)

 

以上がわが家にいるスマートホームガジェットです。

 

以前は「Nature Remo mini」と「Chromecast」がいましたが、テレビをGoogle assistant対応に変えたので引っ越してからは出番は今のところお休み中です。

 

スマートホームガジェットを導入してから一番大きく変わったのは

音楽やラジオを良く聴くようになりました。

だって、声一つでかけてくれますから。

Google homeの聴き間違えで聞いたことのないアーティスト、曲に出逢うこともあります。※ポジティブ思考

ただ著作権の関係で聞けないアーティストとかいますが…

その場合はPCからCDなどの曲をアップロードしてプレイリストに登録することで聞けるようになります。

またルーティンで「ねぇGoogle、おやすみ」で照明・テレビなど消し、指定した時間に照明ONと目覚ましを設定してくれます。

他にも「おはよう」「行ってきます」「ただいま」などでさまざまなルーティンを設定し一言でたくさんのことをやってくれるので本当に助かります。

ただ「IFTTT」に比べると作業が遅いです。

 

 

〜スマートホーム メリット・デメリット〜

メリット:・一言で異なるたくさんのことを済ませられる

・外出先から照明、テレビONすることで防犯効果が期待できる※照明のON機能が増えたことで防犯の効果が薄れてきているのでテレビもONにすることでさらに防犯効果を上げられる

・外出先からエアコンをONにすることができる※真夏は本当に助かりました

・外出先から照明、テレビ、エアコンをOFFにできる※旅行先で消し忘れを思い出しても大丈夫!

・スマホやボタン一つで照明を自分の好きな雰囲気に変えられる

・常に自分の家をスマホで管理できる

 

デメリット:・初期の設定が地味に大変※設定については今後記事を書いて説明します

・照明以外はコンセントが必須※WiFiやブリッジ周りは特に!

・まだまだ発展途上のため欲しいガジェットがないことがある※出ることを信じて待つことも大切です

・一つ一つがそこそこ値段するのでイニシャルコストがかかる※コストがかかるからこそ「住む人にとって」必要な分を必要な分だけがおすすすめです

 

あなたのスマートホームガジェット導入の参考になれば幸いです。



ABOUT ME
Juni
□名 前 juni □現在地 神戸市 □年 齢 30歳手前 □利き手 左利き(だけどサッカーは右で蹴る) □趣 味 コーヒー(飲むより淹れる派) □家 族 年上のかみさん(頼りになります) □ 夢 喫茶店を開くこと(髭と眼鏡とベストの似合うマスターになりたい) ご質問などはTwitterのメッセージからお願いします。